宅ふぁいる便トップ > サービス概要 > 宅ふぁいる便について
宅ふぁいる便について
宅ふぁいる便とは

宅ふぁいる便は、メールの添付ファイルでは扱いにくい大型のファイル(最大300MB)を簡単に送ったり、受け取ったりできる無料のサービスです。

送信者はWeb上から送信先相手のメールアドレスを入力、送りたいファイルをアップロードします。 一方、受信者は宅ふぁいる便経由で送られたメール内に記されているURLから、受取専用ページを開き、そこからファイルをダウンロードする仕組みとなっています。

大阪ガス社員用サービスとして「宅ふぁいる便」はスタートしましたが、次第にこのサービスが広く知られることとなり、1999年6月より、一般の方向けのサービスとして運用を始めました。 2005年4月から株式会社エルネット(Daigasグループ)が、大阪ガスから独占使用権を得て、 サービス提供を開始。 2006年10月、大阪ガスから株式会社エルネット(Daigasグループ)へ 「宅ふぁいる便」の著作権・商標権の譲渡を受けました。
合併にともない、現在は株式会社オージス総研が所有しています。

宅ふぁいる便の詳しい開発経緯はこちらをご覧ください。

このぺージの先頭へ

宅ふぁいる便3つのポイント

宅ふぁいる便(プレミアム)には3つの特徴があります。

宅ふぁいる便システム3つの特徴

※ファイルを送る(送信)には、会員登録(無料)が必要です。
※ファイル受取り(受信)には、会員登録は不要です。
※扱えるファイルの種類は、制約無し。

その他詳細なサービス説明については、会員ごとのサービス内容をご覧ください。

このぺージの先頭へ

免責と安全性
  • ファイル受け取り用のURLは毎回乱数生成しております。
  • 複数人にファイルを送った場合は、ファイル受け取り用のURLも別々のものが生成されます。
  • ファイル預かりの期限は、ファイルを送信された曜日に関係なく72時間となっております。
  • ファイル預かりの保存期限(72時間)を越えると、サーバーから自動削除されますのでご注意ください。(安全性確保とサーバー資源節約のため)
  • ファイル預かりの保存期限(72時間)を越えると、そのファイル受け取り用のURLも無効となります。
  • 宅ふぁいる便のサーバー存在証明はサイバートラスト社より受けております。
    ファイルの送・受信時のデータ通信はTLS/SSL256ビットによる暗号化がされ安全です。

このぺージの先頭へ