宅ふぁいる便トップ > 宅ふぁいる便ポイント会員規約

宅ふぁいる便ポイント会員規約

第1章 宅ふぁいる便ポイント会員規約
第1条(適用)


株式会社オージス総研(以下、当社といいます。)は、「宅ふぁいる便プレミアム会員」(以下、プレミアム会員といいます。)に対して提供する宅ふぁいる便のウェブサイト上に掲出された「宅ふぁいる便ポイント」を活用した全てのサービス(以下「ポイントサービス」といいます)の利用に関し、「宅ふぁいる便ポイント会員規約」を定めます。(以下「ポイント会員規約」といいます。)ポイント会員規約は、プレミアム会員がポイントサービスを利用する場合の一切の事項に適用されます。なお、日本国内に居住する方に限り、ポイント会員になることができるものとします。


第2条(ポイント会員規約の範囲)


このポイント会員規約本文以外に、当社が別途次の各号のもの(以下「宅ふぁいる便ポイントに関する告知事項」といいます)を定めた場合には、これらもポイント会員規約と同等の効力を有し、ポイントサービスの利用に関し、適用されるものとします。
1) 「ご利用上の注意」、「ご案内」等、名称の如何を問わず、「宅ふぁいる便ポイント」の利用方法に関して「宅ふぁいる便」のウェブサイト上で告知される利用上の決まり。
2) 前号の他、会員の資格、権利、「宅ふぁいる便ポイント」の利用、その他必要事項に関し、「宅ふぁいる便」のウェブサイト上の表示として随時なされる通知。


前項の宅ふぁいる便ポイントに関する告知事項は、特に適用開始時期を定めない限り、当社が当該宅ふぁいる便ポイントに関する告知事項をサイト上に表示したときをもって効力を生じ、同時に会員の了承があったものとみなします。 (以下単に「ポイント会員規約」という場合には、「宅ふぁいる便ポイントに関する告知事項」を含むものとします。)


第3条(ポイント会員規約の追加・変更)


ポイント会員規約は、会員の了承を得ることなく、追加、変更される場合があります。
ポイント会員規約の追加、変更は、特に適用開始時期を定めない限り、当社が当該追加、変更をサイト上に表示したときをもって効力を生じ、同時に会員の了承があったものとみなします。


第2章 ポイントサービスの内容
第4条(ポイントサービスの内容)


ポイントサービスの内容は、「宅ふぁいる便」のウェブサイト上に表示されるポイントを活用した全てのサービスとします。


第5条(ポイントサービスの内容の追加、変更、中止)


ポイントサービスの内容は、会員の了承を得ることなく、適宜追加され、または名称等が変更され、あるいは中止される場合があります。


第3章 会員
第6条(会員)


宅ふぁいる便プレミアム会員は、ポイント会員規約に同意し、ポイント通帳を開設すると同時に宅ふぁいる便ポイント会員(以下、ポイント会員といいます)になります。ポイント通帳とは、各会員の獲得ポイントとポイント履歴を管理する仕組みのこととします。


第7条(ポイント会員資格の譲渡禁止等)


ポイント会員は、当社に対して有するポイント会員としての資格・権利等を第三者に譲渡し、貸与し、入質し、あるいは担保の目的とすることはできません。また、ポイント会員としての資格・権利等を第三者に承継させることもできません。


第8条(ポイント会員情報の変更の届け出)


ポイント会員は、登録内容に変更が生じた場合には、すみやかに当社が別途定める方法で、変更手続きをとるものとします。ポイント会員が前項の届け出をなすまでの間、または届け出を怠ったことにより当該ポイント会員が被った不利益については、当社は一切責任を負いません。


第9条(退会)


ポイント会員が次の各号のいずれかに該当した場合、ポイント会員を退会します。
1) 宅ふぁいる便会員、または、プレミアム会員を退会する場合
2) ポイント会員について、所定の退会手続きを行った場合
なお、ポイント会員の退会手続きを行った場合、プレミアム会員も自動的に退会することとなります。


ポイント会員を退会した場合、ポイント会員としての資格・権利等は喪失し、再度ポイント会員として登録しても以前のポイント会員としての資格・権利等は引き継がれません。


会員が死亡した場合には、当該会員はプレミアム会員及びポイント会員としての資格・権利等を失うものとします。


第10条(除名)


ポイント会員が、次の各号の一にでも該当した場合には、当社は、何らの通知、催告をすることなく、ただちに当該会員を「宅ふぁいる便プレミアム会員」「宅ふぁいる便ポイント会員」から除名できるものとし、除名により当該会員は会員としての資格・権利等を喪失するものとします。また、「宅ふぁいる便利用規約」、「宅ふぁいる便プレミアム利用規約」によって、宅ふぁいる便会員またはプレミアム会員を除名された場合には、同時にポイント会員としても除名されます。
1) ポイント会員規約に違反したとき
2) 当社への届け出内容に虚偽があったとき
3) ポイント会員として不適当と当社が判断したとき


第4章 ポイント会員の義務
第11条(設備等の準備、維持)


宅ふぁいる便ポイントの利用に必要となる機器、ソフトウェア、その他の設備、および回線利用契約の締結、インターネット接続サービスへの加入、その他宅ファイル便ポイントの利用に必要となる一切の必要な準備、ならびにその維持は、ポイント会員が自己の費用と責任で行うものとします。


第12条(本人確認書類の提示)


ポイント利用、交換に関して第17条に定める禁止事項に関して疑義が発生した場合、当社は会員に本人確認書類の提示を求める場合があります。当社より会員に本人確認書類の提示を求められた場合、会員はこれを拒否できないものとします。


第13条(ポイント会員規約の遵守等)


ポイント会員は、ポイント会員規約を遵守して宅ふぁいる便ポイントを利用するものとします。宅ふぁいる便ポイントの利用に当たって、当社が定めた手続きがある場合には、ポイント会員は当該手続きを経て、ポイントサービスを利用するものとします。


第14条(ポイント会員の責任)


ポイント会員は、本規約に基づき自身が発信する情報につき、一切の責任を負うものとします。
ポイント会員が、他のポイント会員、その他の第三者から要求、クレーム等を受け、または他のポイント会員、その他の第三者に対して要求、クレーム等がある場合には、当該ポイント会員は自己の責任と負担で、これらの要求、クレーム等、およびこれに起因する紛争を処理解決するものとし、当社に一切迷惑または損害を与えないものとします。
ポイント会員は、宅ふぁいる便ポイントの利用に関連して当社に損害を与えた場合、明らかに当社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、当該損害を賠償するものとします。


第15条(IDおよびパスワードの管理)


ポイント会員は、入会または利用の際に登録したEメールアドレスおよびパスワードの使用および管理につき責任を負うものとし、故意、過失を問わず、Eメールアドレスおよびパスワードが第三者に利用されたことに伴う損害は、ポイント会員自身が負担するものとします。
ポイント会員は、自己のEメールアドレスおよびパスワードを、譲渡、貸与、名義変更、入質、担保の目的への提供、その他第三者の利用に供する行為は一切行わないものとします。ポイント会員は、自己のEメールアドレスおよびパスワードが第三者に利用されている場合、またはそのおそれがある場合、あるいはパスワードを失念した場合には、ただちに当社に通知し、当社の指示に従うものとします。


第16条(営業活動の禁止)


ポイント会員は、当社が書面により承認した場合を除き、宅ふぁいる便ポイントを通じて営業活動(営利を目的とした一切の行為、およびその準備行為、予備行為を含みます)を行ってはならないものとします。


第17条(禁止行為)


ポイント会員規約で特に定めた事項の他、ポイント会員は、宅ふぁいる便ポイントの利用に関連して、以下の各号の行為を行ってはならないものとします。
1) 公序良俗に反する行為
2) 犯罪的行為、または犯罪に結びつき、あるいは結びつく恐れのある行為
3) 虚偽情報の流布行為
4) 無限連鎖講の開設または勧誘行為
5) 選挙運動またはこれに類する行為
6) 宗教勧誘行為
7) 当社、宅ふぁいる便会員または、第三者の著作権、肖像権、プライバシー、財産などの権利を侵害する行為
8) 当社、宅ふぁいる便会員または、第三者を誹謗、中傷する行為
9) 当社、宅ふぁいる便会員または第三者に不利益を与える行為
10) ポイントサービスの運営を妨害する行為
11) 虚偽または事実に反する情報の登録または調査回答をする行為
12) 同一人物による、複数のEメールアドレスを使用しての応募、回答をする行為
13) なりすまし行為
14) ログインEメールアドレスまたはパスワードを不正使用する行為
15) 当社の信用、財産を毀損し、または毀損するおそれのある行為
16) その他法令に違反する行為、当社が不適当と判断する行為


第5章 宅ふぁいる便ポイント
第18条(宅ふぁいる便ポイント)


宅ふぁいる便ポイントの加算は当社が定める計算方法により算出するものとします。 宅ふぁいる便ポイントの精算は、ポイント会員が保有するEメールアドレス別に、当社が定める基準ポイントまで達した段階で可能となり、当社が定める方法により基準ポイント単位で精算することができます。なお、退会しようとする時点で、ポイント会員が保有するEメールアドレス別に宅ふぁいる便ポイントが基準ポイントまで達していた場合、退会前に精算するものとし、退会前に宅ふぁいる便ポイントの精算が行なわれなかった場合、退会と同時に当該会員が保有するEメールアドレスに累積された宅ふぁいる便ポイントは抹消されるものとします。また、退会に伴い、当該会員が保有するEメールアドレスに累積された、基準ポイントに満たない宅ふぁいる便ポイントの効力はすべて消失するものとします。退会以降の精算、問い合わせへの回答などの一切の処理を行わないものとします。


同一のポイント会員が複数のEメールアドレスを保有している場合、同一の宅ふぁいる便ポイント獲得機会(以下同一キャンペーンといいます。)に対してはそのうちのいずれかひとつのEメールアドレスでのみ宅ふぁいる便ポイント獲得のためのアクションをできるものとします。


同一のポイント会員が保有する異なるEメールアドレス間の宅ふぁいる便ポイントの合算、移動は一切できません。


ポイント会員が死亡した場合、または、ポイント会員を除名された場合、当該会員を単位として、累積された宅ふぁいる便ポイントの効力はすべて消失するものとします。


宅ふぁいる便ポイントを譲渡、売買、入質、担保により獲得、または、第17条に定める禁止行為により獲得したことが明らかとなった場合、当社ではその時点までの精算済みのものを含む、すべての宅ふぁいる便ポイントの返還、さらに当社における損害賠償の請求を行うことができるものとします。


宅ふぁいる便ポイントを譲渡、売買、入質、担保、営利目的または、その他不正に使用することは固く禁止します。また、このような目的での使用が明らかとなった場合、当社ではその時点までの精算済みのものを含む、すべての宅ふぁいる便ポイントの返還、さらに当社における損害賠償の請求を行うことができるものとします。


第6章 ポイントサービス運営主体
第19条(ポイントサービス運営主体)


ポイントサービスの運営主体は、当社ですが、宅ふぁいる便ポイントの付与、使用については第三者のシステムまたはサービスを使用することがあります。


第7章 ポイントサービス運営上の措置
第20条(ポイント利用の一時停止)


以下の各号のいずれかに該当する場合、当社は、ポイント会員の承諾なしに当該会員によるポイントの獲得・利用を停止できるものとします。
1) 当社より送信したEメールが三回続けて不着の場合
2) ポイント会員に送付した郵便物が宛先不明・受け取り拒絶等で返送されてきた場合
3) 前各号の他、当社が必要であると判断した場合


前項の措置がとられたことにより、当該ポイント会員が宅ふぁいる便ポイントを利用できずに当該ポイント会員に損害が発生した場合でも、当社は責任を負わないものとします。


第21条(ポイントサービスの一時中断、停止及び中止)


当社は、いつでも何らの告知なしにまた会員の承諾の有無にかかわらず、ポイントサービスの一部もしくは全部を一時中断し、または廃止する場合があります。ポイントサービスが中止された場合、ポイント会員が保有する全ての宅ふぁいる便ポイントは無効となります。


ポイントサービスを廃止する場合には、十分な事前告知期間を設けるものとします。ただし、天災、火災、その他の事故等により宅ふぁいる便、プレミアム会員、またはポイント会員の運用に重篤な障害が発生した場合にはこの限りではありません。


前項に基づきポイントサービスの一部もしくは全部の一時中断、停止および中止がなされた場合、当社は、これに起因して生じたポイント会員の損害につき一切責任を負わないものとします。


第22条(登録情報)


ポイント会員がポイントサービスの利用に際して登録した情報については、すべて当社が所有するものとします。 ポイント会員がポイントサービス利用のために登録した情報については、当社が定める期間の経過、情報量の超過、設備の保守管理、ポイント利用規約違反の疑い、その他、当社の判断により、ポイント会員に事前の通知をすることなく削除することができるものとします。ただし、このことは、当社が削除義務を負うことを意味するものではありません。


第23条(広告の扱い)


当社は、ポイントサービスの1メニューとして、会員に向けて、ポイント還元型メール広告を送信する場合があります。広告や宣伝の内容に関する広告、宣伝の提供者(以下、「広告主」といいます)と利用者との取り引きは、利用者と当該広告主の責任において行うものとします。当社は本サービス中に掲載されている広告によって行われる取り引きに起因する損害および広告が掲載されたこと自体に起因する損害については、法令に定める場合を除き一切責任を負いません。


第24条(免責)


当社は、ポイントサービスにより提供される情報について、その完全性、正確性、特定目的への適合性、有用性等を保証するものではありません。
当社は、当社の故意または重過失の場合を除き、ポイント会員がポイントの利用に関連して被った損害、宅ふぁいる便ポイントを利用できなかったことによる損害に関し、いかなる責任も負わないものとします。
当社は、宅ふぁいる便ポイント付与に関する障害等について、法令に定める場合を除き、一切責任を負わないものとします。
弊社は、付与されるはずの宅ふぁいる便ポイントが付与されなかった場合や付与された宅ふぁいる便ポイント数が誤っていた場合で、弊社においてその事実が確認できたときにのみ、その是正を行うものとし、その他の場合については一切責任を負わないものとします。


第8章 個人情報の保護
第25条(個人情報の取扱い)


当社は、ポイント会員から取得したポイント会員自身の氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス等の個人情報(以下「個人情報」といいます)について、ポイントサービスの運用のために使用します。
当社は、個人情報の重要性を認識し、個人情報保護法および個人情報保護に関するJISQ15001:2006規格を遵守し、別途定める「プライバシーポリシー」に基づき、個人情報を適切に取り扱うものとします。


第9章 その他
第26条(管轄裁判所)


ポイント会員と当社間の訴訟については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄とするものとします。


第27条(準拠法)


本会員規約及び宅ふぁいる便ポイントに関する告知事項に関する準拠法は日本法とします。